そうさのう

RSS

仕事机の前に、紙に書いて貼っておこう。「この文章はわかりやすすぎる、と文句を言う人はいない」。

キーボードを前にしたら、必ず自分にこう言い聞かせよう。「駄文は誰にも読んでもらえない」。

迷いが生じたら、読者は何も知らないという前提に立とう。けれども、決して読者を見下してはならない。ジャーナリストはよく、読者の知識を過大評価する一方で、読者の知性を過小評価するという過ちを犯す。

- 「読んでもらう文章」を書くための7カ条 : ライフハッカー[日本版]